こんにちは、ミニワンカの塚田です。

ゾーンヒーリングは自己啓発的なワークですか?
そう聞かれました。
違うなあ・・というのが自分の感覚です。

自己啓発は「より高い能力」「より高い成功」「より高い人格」など自分をより段階へ上昇させようとすることです。この点で、いいも悪いも感じませんが、「自己啓発」という言葉には変な胡散臭さを感じる自分がいます。

自己啓発の意味はと探していたら、同じ内容を書いている記事がいくつかありました。

自己啓発にハマると疲れる。という話です。
ハマると、自主的に勉強会を開き、メソッドオタク化していく。
次に、教える立場のメソッドエバンジェリスト化(伝道師化)していく。
エバンジェリストは、豊富な知識(経験じゃなく)を前面に出し信者を作り出す。
メソッドエバンジェリストは、簡単にライバルが出てきて意識的現実的な小競り合いが始まる(羨望や自己否定や嫉妬や攻撃)

これでは、高めるはずが低くなっていきますねえ^^

これは、スピリチュアル(業界)の中でも、よくあることです。
私自身、同じような罠にはまっていたかなあと思い出されます。

話は戻って、ゾーンヒーリングは自己啓発ではないのかという話。
ゾーンは、エネルギーを高めて実践的な施術ができるようになるという大きな目的があります。
その点では、自己啓発かもしれません。

ただ違うのは、罠にはまっている状態の時は「自分」「自分軸」が明確でなく、「他者評価」「他人軸」であることです。

はっきりわかったのは、ゾーンのエネルギーフィールドに入るということは、他人との比較や思考から離れて、平安な穏やかな中にただいるという状態です。
「自分軸」とも言えますが「自分自身が確固として在る」状態。

不思議ですねえ。
エネルギーを上げようとしていた時は、必死担っていて、自分の力を疑ったり鼻にかけたり、比較したりする小さなたくさんの罠があるのに。
必死にあげるのをやめた時、最善のエネルギーゾーンの中に入ることができる。

不思議ですねえ。
自分の内面が穏やかに静まり心地よさを感じる時、目の前に起こってくることも、施術効果も、自分の健やかささえも最善へと流れていきます。

その状態の時、「自己啓発」って言葉さえもあまり大切なものではなくなります。

ミニワンカ:ゾーンヒーリング

ヒーリングワークを充実させていくには、自分への意識が大きく影響します。ゾーンヒーリングは、自分を穏やかに意識して「今にいること」「自分の愛のエネルギーを感じる」ワークを行っていきます。
シンプルで誰にでも学べるワークです。
あなたが思っている以上に、あなたはパワフルです。

ゾーンヒーリング詳細はこちら

ヒーリングサロン:ミニワンカ(東京都調布市)
塚田隆弘・塚田暢子
https:/mniwanca.jp(総合サイト)
https://mniwanca.jp/zone/(ゾーンヒーリング)
info@mniwanca.jp
042-445-0299
*ゾーンヒーリング代表インストラクター
*クォンタムタッチ®︎L1&2インストラクター
*クォンタムタッチL1インストラクター養成講師
*サロンでの2日間講座の受講生1000人以上