ミニワンカの思い

セラピスト自身が愛と自身に満ち、出会う方々が最上に癒しと笑顔に出会う。
私たちは提供するセッションに関して、何年も話を重ねてきました。

最終的に私たちは、『心と体とエネルギー』すべてに関わるワークをすると決めました。

私たちの苦悩は、自分への信頼と愛が揺らいだ時に起こりやすいものです。
多くの人は、そう感じているのに現実的な成果や周りからの評価を上げようと頑張ります。

比較したり、批判したり。
これは、比較する思いの中で、不安と恐れと自己否定感につながっています。

私たちのワークを通じて、自分を信頼し愛する意識につながっていって欲しいと思っています。
私たちの本来の力は、あなたが思っている以上にパワフルです。

あなたが自分自身を穏やかにすることによってエネルギーは高く安定していきます。
その結果、あなたが焦点を当てた人も心地よく高いエネルギーフィールドに包まれます。
とても豊かな実践的な癒しが起こります。

私たちの提供する、ゾーンヒーリングとクォンタムタッチは「愛のエネルギー」を意識したものです。
今あなたがどんな状態でも、パワフルなエネルギーフィールドに入っていきます。

ゾーンは、基盤となる自分のハートエネルギーを大切に活性化する手法です。
体と心・意識の安定を図りながら、効果的な対人セッションまで導きます。
体を緩め調整する方法を学ぶとともに、自分らしく生きる「信頼と愛」のワークです。

クォンタムタッチはレネル1と2があります。
レベル1は呼吸のエネルギ循環のイメージでエネルギーを上げていきます。
骨格調整も行います。ボディーワーカーの方も多く受講するワークです。
レベル2は、手を触れずに筋肉を緩め体を調整していくワークです。脳へのワークも行います。ハイアーセルフ情報を活かす方法も学びます。

私たちは、みんな愛のエネルギーの完璧な存在です。
私たちは、自分が自分の現実を作り上げています。

だから、私たちは自分自身で、人生を変える力を持っています。

あなたが自分自身を大切に思い、自愛を向けることができるようになれば、
すべての人を大切に思うこと、愛することができるようになっていきます。

あなたが、どんなにいろいろな苦悩を抱えていようが、あなた自身の中には無限の愛があります。
無限の可能性があります。

私たちがこの人生で学んだ多くのことを、今の私たちができる方法で伝えていこうと思っています。

あなたは、弱く不十分な人ではありません。
あなたは、あなたが思っている以上の存在で、思っている以上に輝くことができます。

私たちが、その変化に寄り添いサポートします。

2019 ミニワンカ

塚田 隆弘 (Takahiro Tsukada )

東京都練馬区に生まれ、世田谷・調布で育ちました。

1500gの未熟児で生まれ、ようやく命を取り留めたら肺炎にかかるスタートでした。

人見知りの性格で、うまく行動できない面がある子供でした。

成長するにつれて、学校の仲間や先生方とも楽しく過ごすようになる反面、家庭内の争いで悩み傷ついていきました。

穏やかな家庭、優しさをを求めた子供時代でした。

大学卒業後、小笠原母島の国語教師として赴任。電話もテレビも本屋もない不便な島生活の中、自然や人の温かさを知った2年間。その後、28年間教員生活を送りますが、小笠原12年・神津島4年と「島の先生」として海のそばで過ごしました。

自然の中の生活の中でも、心身ともに負担がかかり、心の底に大きな重さを感じることが多くなりました。特に都心での教員生活の中、仕事に埋没した自分自身により心と体により大きな負担をかけていく状況となっていきました。

そんなとき、一冊のヒーリング本を書店で偶然手にしました。

本格的なスピリチュアルワークへの一歩が始まりました。その著者レバナ先生の学校でオーラリーディングとヒーリングを学び、その後トリシア先生の「統合セラピー」を学び、自分を見つめ変革していく日々を重ねました。

また、クォンタムタッチレベル1をヘンリ先生からクォンタムタッチレベル2・セルフクリエイテッドヘルス(SQH)をリチャード・ゴードン氏から学びました。

私は、身近な人同士が愛によってサポートし合い、そのネットワークが波紋のように広がることを望んでいます。心も身体も健康で、人にその素敵なエネルギーを伝えていく。

その目的のために、インストラクターとしての本格的な活動を始めました。

2012年 6月 クォンタムタッチ本部よりレベル2インストラクター認定。2013年11月 クォンタムタッチレベル1インストラクタートレーナー認定。
      (レベル1インストラクターの最終ワーク担当します。)

2014年秋 大きな病気で入院手術。
この前後、隆弘と暢子は「愛・真理」を深く考え続けていました。

2014年11月 私たちの大きな転機となるマイケル・ローズとの出会い。
愛のワークの効果と重要性を深く知る。

2015年 1月 愛の考え方を基盤とするセミナーを開催。
3月 ゾーンヒーリングを初めて開催。

2019年 3月 ゾーンヒーリング、認定講座を開催。
愛と信頼を学び伝えるチームの構築を目指す。

**

・ミニワンカメソッド:ゾーンヒーリングインストラクター
・クォンタムタッチ®レベル1&レベル2インストラクター
・クォンタムタッチレベル1インストラクターメンター
・統合セラピーカウンセラー(インナーチャイルド、前世退行)
・レイキティーチャー、

塚田 暢子 (Yoko Tsukada )

▷小さい頃、とても空想好きな女の子でした。とても厳しい母に育てられ、いつもその重荷から逃げるように「別の世界」を自分でつくっていたように思います。

母の言うまま、ピアノを習い音楽学校に入り、ピアノ教師の道へと進んでいきます。その途中、摂食障害になり、結婚後ピアノ教師を辞め島生活を送ります。そして母の死後パニック障害やうつになっていきます。そんな中、なぜ「私は生まれてきたんだろう」と、疑問を持ち始めました。ある時、手にとった本に「人には生まれてきた理由がある」と書いてあり、私はそれを強く知りたいと思いました。そのとき、レバナ先生の存在を知り、迷うことなくクリアサイトに入学しました。

入学したときは50歳目前。クリアサイトで、人はいつでも自分自身を知ることで自分を変化させることができ、本来持っている力を取り戻すことができることを知りました。その後、トリシア先生から統合セラピー(ヒプノセラピー)を学び、前世やインナーチャイルドで受けてしまった心の傷を癒すことで、人は前に進むことができることを学びました。

その後、クォンタムタッチを知りインストラクター資格を取得しました。

2014年、隆弘の大きな病気の時、愛を伝えるオーストラリアのマイケルローズに出会いました。
表面的な知識での理解から、深く感じ体験する経験をしていきました。
この時、「愛と信頼」を伝えること。
そそのことを大切にしていこうと決めました。

いろいろな形で、私の経験も踏まえて、サポートをしていきます。

今、仕事をさせていただいて、お客様が笑顔で帰られるのを見ると、とても嬉しくなります。

好きなこと…料理、お菓子作り、瞑想、雑貨屋さんを見ること、旅行、昔の叡智を知ること、  

自然の中に身をおくこと《滝、海、木》

・ゾーンヒーリングセラピスト
・クォンタムタッチ®レベル1インストラクター