こんにちは、塚田です。

先日のセッションで、自愛のワークが話題になりました。
「愛してる」と自分に言うことへの抵抗感がある。

なんで一番大切で愛すべき自分に「愛してる」って言いにくいのか。
「日本人だから」という理由をよく聞きますが、そのもっと深いところに何かがあります。

以前、研修会の講師に出向いてミラーワークを行ったことがあります。
鏡に映った自分の目を見て「愛してる」って言ってみるワーク。

「鏡に映った自分の欠点に注目しちゃう(形や顔色、シワなど)」
「やっぱり恥ずかしくて、自分の目を見れません」
「ありがとうや頑張ってるねは言えるけど、愛してるはねえ^^」

そんな声も聞こえます。
また、鏡に映った自分を見ることができなくて、どぎまぎしている人もいます

いい悪いではなく、今の自分の状態がそうだというだけです。
確かに「愛してる」は慣れていないし恥ずかしいかもしれません。

このワークをすると、自分の内側の抵抗感が出てきます。
言おうとすると、恥ずかしさや戸惑いだけでなく「怒り」が出てくることがあります。

怒り根底にあるのは「悲しみ」。
以前学んだ言葉を思い出します。

なんで、素直に自分に自分の慈愛を向けられないのか。
なんで、いろいろな感情や思いが湧き上がるのか。

私たちは、表面的に否定をしていても「愛」の中にいることが自然です。
何かが、本来心地よいはずの「愛」に抵抗している。
その抵抗プログラムを浮き上がらせるのが、愛のワークです。

心の抵抗に気づくことは、とても大切。
抵抗感は自分の状態を教えてくれ、変化するためのギフトとも言えますね。

自分に「愛してる」と声をかけることで、体調は良くなっていきます。
それだけ、エネルギーをアップしてくれる言葉です。

自分のハートに手を置いて、意識を向けて「愛してる」
自分を鏡に映して、目を見つめて「愛してる」

私の大病の時一番効いたのが、こんなシンプルワークです。
身体も、意識や感情も健やかさを包まれました。

無理にとは言いませんが、少しでも気になったら、
鏡に映る自分の目を見つめて、心を込めて「愛してる」。
続けるといろんな変化があります。

*******
ゾーンヒーリング
あなたの愛のエネルギーで確固たる土台エネルギーを作る
呼吸・体の認識・五感から
安定したヒーリングモードに入る
あなたのヒーリングを2日間で強化する実感型ワークショップ

***********
呼吸とイメージで歪みや不調を整える。
自然治癒力を高めていきます。
学びやすく、すぐに効果の高いセッションができる
クォンタムタッチレベル1講習(2日間)
あなたの手が触れるだけで筋肉が緩むクォンタムタッチ

***********
セラピストから広がる癒しの輪
ヒーリングサロン ミニワンカ
代表塚田隆弘
東京調布(京王線西調布)
http://mniwanca.jp
info@mniwanca.jp