もっと軽い力で施術できたらと思う
ボディセラピストのみなさまへ

軽く指を触れるだけで
クライアントの筋肉が
自ら緩み始める方法って何?

  受講実績のべ900人。
クォンタムタッチ上級講師の新メソッド。

施術で指・腕・肩・腰を痛めていませんか。

サロンに学びに来るセラピストの肩からよく聞く悩み。

「指が痛いんです。痛みが出ても我慢しています。」
「何年も腱鞘炎をごまかしながら施術しています。」
「腰の痛みが、次の朝までなくならないので、元気が出ません。」

施術に慣れている方でも、施術で痛めた箇所は治りにくいものです。
より軽いタッチで、施術効果を維持またはアップしませんか。

力を入れないと、施術ができないと思っていませんか。

でも、力を入れないでどうして施術できるんだろう。
そう思いますよね。

「力を軽くすること」と「施術効果を上げる」は相性がいいのです。
これは、実際に見てみないとわからないかもしれません。

実際、多くの柔道整復、理学療法、整体、カイロなど多くの方が施術に融合。
あなたの指や手の下で、体が緩んでいるのを感じます。

力を加える施術は、とても繊細な作業です。
力加減だけでは解決できないものがあります。

力を加える施術のリスクを感じていませんか。

力を加える施術では、施術リスクが付きまとうものです。
それは、熟練した施術者であっても、触りなれたお客様の時であっても、リスクはあるものです。

親戚のおじいさんが、施術で肋骨を折った。
いつも通りの施術をしたが、相手の痛みが増して引かない。
施術者にとっても、相手にとっても、負担のかかるストレスの溜まる状況。

強い力をかけなくていい。過度にひねる必要がない。
お互いにリスクのない施術を、あなたが作り上げることができます。

そんなに、力をかける必要がありますか?

軽く触れるだけで、痛みも、リスクも軽減し、効果が飛躍する。
そんな常識を超える、ヒーリング技術を
実践経験豊富なインストラクターから学ぶ

なぜ触れるだけで、施術効果が出るのか

*私たちの体は、最善の状態になろうとする。

私たちの体は、最善の形を知っていて、その状態に戻ろうとします。
怪我をした時、前と同じ状態に戻ります。
私たちには、強いうちなる治癒力が備わっています。

その力を十分発揮させると、自分で自分への調整を始めます。

*エネルギーバランスが整うと、体が整っていく。

私たちは、エネルギーで成り立っています。
体に症状が出る前に、エネルギーバランスが崩れています

だから、エネルギーを整えてしまおう。
あとは、自分の治癒力に任そう
それがエネルギーヒーリングです

*エネルギーは互いに引き合っていく。

この動画は、明確な反応をお伝えするための一例です。
彼女は脊柱側弯の状態を、自分で動きながら整えていきます。
私も彼女も、どう動かそうかと意識はしていません。

私が高く安定したエネルギー状態になっています。,br.
その波動に答えるように、彼女のエネルギーは高まり、
健康な状態に戻ろうとしていきます。

高く安定したエネルギー状態を維持していくこと。
それが、エネルギーヒーリングの重要なポイント!!

シンプルだからあなたのテクニックを生かし、強化する!

どうやったら、その技術を学ぶことができるのか。

ゾーンヒーリングは、呼吸&身体に意識を向ける・五感を楽しむ・エネルギーをイメージする。
そして、充実した穏やかな満ち溢れた自分を感じていくこと。

そんなシンプルワークで、エネルギーを強めていきます。
誰にで簡単に学ぶことができます。

練習を重ねるごとに、よりパワフルな施術モードに入ります。

エネルギーゾーンはこんな状態:あなたは経験済み

ゾーンに入っている時は、外部の音や香りなどに影響を受けず、心地よく没頭している状態です。

子どもの頃何かに夢中になっている。
大人のあなたが、夕日を見て美しいと感動している。
そんな感覚に近い状態です。

難しく考えなくても、シンプルな練習で早く深く入ることができます。

ゾーンヒーリングを学んだ方の感想
体験して実践してわかったこと

youngwoman_42

安斉美智子さん(セラピスト)
長年病院や個人的にマッサージ施術をしていますが、50歳を超えて体に疲れが残るようになりました慣れた施術とはいえ、肩や腰へのダメージも残ります。
エネルギーヒーリングの手法を組み入れることで、今までより軽い力で調整ができるようになりました。お客様もソフトタッチだけど、よく効くねえと褒めてくださいます。

youngwoman_46

岡崎千絵さん(講師業)
楽しいセミナーをありがとうございました。
ベース(土台)のエネルギーを高めること、ゾーン(安定したエネルギー)状態になることを実感できました。
とても心地よく、今までやっていた手技もエネルギーヒーリングもパワーアップしました。
いつでもセルフヒーリングの手法としても活用しています。

youngman_31

橋本良平さん(理学療法士)
学んだ直後、施術前に自分自身にヒーリングを行ってから、クライアントに施術をしました。ただそれだけで、今までよりもクライアントの可動域が広がるのが早いと実感しました。日頃、より効率の良い施術でお客様の悩みが早く改善すればと思っていますので、大きな一歩でした。
これから、いろいろな実践的なテクニックを組み込んで試していきたいと思います。

youngwoman_37

長尾吉子さん(セラピスト)
ヒーリングを勉強して施術に迷いがなくなりました。お客様の身体が、こうなりたいと応えてくれます。リンパマッサージはケガの場合はできませんでしたが、今は骨折や病気の方にも施術ができます。その方の身体と心に合わせてオイル・ドライのヒーリングを使い分けたり、組み合わせたりしています。心に手がとどくセラピストになりたいと思っていた私にとって、エネルギーヒーリングとの出会いはとても大きなものです。

youngwoman_45

黒川ゆりさん(整体師)
今日のクライアントさんに早速試してみました^^
すると今まで以上に、お客様の反応が大きくてびっくりしました。
講習中は、限られた時間にもかかわらず本当に丁寧に、腑に落ちたかしっかり確認されながらお話ししてくださり感謝しています。

あなたに伝えたい3つのポイント

karadanihutannkeigenn

・指や腕などを酷使しなくていい。
・施術のための無理な姿勢から解放される。
・痛みからの解放で、心身ともに楽になる。

施術力up!-2

・力を入れないで、深層の筋肉まで施術可能。
・施術での変化が、目で手で感じることができるほど。
・エネルギーヒーリングの組み込み方は自在。

施術リスクからの解放

力からの解放は、施術リスクからの解放
・どんな施術法にも組み込むことができる
・自然治癒力を高めるサポート、治さなきゃからの解放

よくあるご質問

Q. 誰でも2日間で学ぶことができるのですか。
A,.はい。エネルギーヒーリングが初めての方でも、2日でヒーリングを使えるようになります。この講習は、ヒーリングの土台の力とヒーリングエネルギーを感じるワークです。テクニックはシンプルですので、学びやすいものです。
ヒーリングのゾーン状態に入る反復自主練習は必要です。

Q.私はエネルギーを感じないのですが、受講できますか。
A. はい。エネルギーを感じられるかどうかは問題ではありません。また、スピリチュアルな知識や経験も、必要ではありません

Q.自分自身はヒーリングできますか。
A. もちろんできます。
あなたがあなた自身を整えることが、このヒーリングの大切な部分です。
ゾーン状態に入れば、自分にも対人にも効果的なヒーリングができます。

Q. 本当に自分の施術法に融合ができますか。
A. できます。この手法は単独でも併用でも十分効果を発揮します。
テクニックというより、あなたの土台の力をアップしていきます。
ヒーリングモードに入ったままいつも通りの施術をするだけで、高い効果を呼び込めます。

Q. 圧力を加えないのに、本当にクライアントの身体が反応するのでしょうか。
A. 反応は明確です
自発的に動く時もあれば、痛みが増して落ち着く、筋肉が緩んでいくのを実感するなど、様々な反応があります。
これはセラピストだけでなく、施術を受けているクライアントも多く感じるものです。

講師:ミニワンカサロン代表 塚田隆弘

講習日程:2017年
講座時間すべて午前10時~午後5時30分

2017年5月31日(水)・6月5/ 7/ 12日(月水月)
*水月3時間×4日コース

2017年6月10日(土)・11日(日)

2017年7月29日(土)・30日(日)

2017年8月19日(土)・20日(日)

2017年9月17日(日)・18(月祝)

2017年10月8日(土)・ 9(日)

 

受講料64,800円(税込

講師:ミニワンカサロン代表 塚田隆弘

会場:ミニワンカサロン(東京都調布市)
京王線西調布駅下車 徒歩7

講師プロフィール:塚田隆弘

1957年東京都生まれ。東洋大学国文学科卒業後、中学校教諭として小笠原母島に赴任。28年間の教員生活のうち、16年間を島の先生として過ごす。
2009年、退職後、妻の暢子とヒーリングサロン:ミニワンカを開業。エネルギーリーダー・退行統合セラピストの仕事を続ける。
2011年、クォンタムタッチレベル1インストラクターとなり、インストラクターと個人セッションの仕事を中心に活動。その後、レベル2インストラクターとなり、インストラクターを養成するトレーナー資格も得る。(日本在住で2名)
2014年秋、10センチ大の腎臓癌で入院。その前後で、マイケルローズと出会い、「愛」を意識することが病を手放す力になると実感する。
2015年、「愛」と「ヒーリングスキル」を融合させた新たなヒーリング法の構築に取り組む。
2017年、ミニワンカ独自の「ゾーンヒーリング」を作り上げ、講習を始める。

・ゾーンヒーリング代表インストラクター
・クォンタムタッチ®レベル1&2インストラクター
・クォンタムタッチレベル1インストラクタートレーナー
・退行統合セラピスト