こんにちは、塚田です。

私たちミニワンカ二人組(私とyokoさん)は、同じ頃にいわゆるスピリチュアルワークを学び始めました。
もうかれこれ、13年前からでしょうか。

レイキから始まり、クレアボヤント(透視)、ヒーリングスキル、退行催眠など修了証はたくさん。
二人とも色々な知識を吸収してきました。

同じような学びの中でも、強調して刷り込まれていたり、自分なりに解釈していたり。
その上で判断して、時として議論になることがあります。

ふと我に帰ると、いろいろな思いが湧いてきます。
そして、私が入院前に出会ったマイケルローズの言葉を思い出します。

彼は、5日セミナーの最初に参加者にこう伝えました。
「今まで習ったスキルや、スピリチュアルティーチャーの教えを忘れなさい。」

色々な情報に頼って枠にはまっている自分に気づいた瞬間でした。
もっと自由に、あなた自身を愛し信頼しなさい。
あなたの中に、すべての答えがある。
改めて実感した瞬間でもありました。

学んだことは捨てる必要はありません。
ただ、あなたがある「教え」や「常識」に縛られていないでしょうか。

学んだことやスキルは無駄にはなりません。
ただ、依存する心が土台にあると、他人からの情報での分析と判断に縛られます。

「これはスピリチュアルで、これは違う。」
「この人のエネルギーはいい、あの人のエネルギーは悪い。」
「これは、私の次元を上げる、あげない」

なんだかわからない、比較や批判に縛られていきます。

前回書いたように、分析判断から離れて、自分の体や内側を感じて、自分に愛してるやありがとうを伝える。
そして、内側で沸き起こる感覚を味わいます。
私は、自分への愛おしさ・慈愛の感覚が湧いてきます。


そうなってくると、どんどん自分のエネルギーが満ち安定していく。

すると、五感と直感が研ぎ澄まされていきます。
現実的に病気のように一見ネガティブな状況でも、大丈夫という思いがわきます。

何も考えずに、自分へのワークに没頭し続ける。
すると、自然とインナーチャイルドトラウマの気づきと解放が起こる。
すると、自分のエネルギーフィールド(オーラ)が明確に見え始める。
すると、素敵な出来事や出会いをたくさん引き寄せ始める。

入院前後に起こった体験です。
私は毎日姿見に自分を映して、愛してるワークとイメージ瞑想とエネルギーワークをしていただけです。

最後に辿り着くのは、いつもシンプル。
何かを理解しようとする以上に、具体的に自分へのワークをして、感じること。

****
でも塚田さん、ヒーリング法を教えてますよね^^
「いい質問^^」
色々教える中で、「愛」に向かうワークを選択しています。

最後は、ヒーリングスキル講習やスピリチュアル講習を受ける必要はなくなります。
自分を愛し信頼する人生への「入り口」をお伝えしているということです。

***********
呼吸とイメージで歪みや不調を整える。
自然治癒力を高めていきます
学びやすく、すぐに効果の高いセッションができる
クォンタムタッチレベル1講習(2日間)

あなたの手が触れるだけで筋肉が緩むパワフルヒーリングメソッド
***********
セラピストから広がる癒しの輪
ヒーリングサロン ミニワンカ
代表塚田隆弘
東京調布(京王線西調布)
http://mniwanca.jp
info@mniwanca.jp
042-452-8907
************