こんにちは塚田です。

ボディワークセラピストの方から、セラピストあるあるの話。
力をかける手技の習い始めは、みんな腕や腰の痛みが出る。

みんな痛い痛いって練習していました^^

聞いてるだけで技術を身につける大変さと努力がわかります。

そのテクニックに慣れれば、楽になっていくようです。
体にそのスキルが染み込むのでしょうね。

そのあとに、また「痛みが出てきました」という話を聞きます。
セラピストの姿勢や、体の使い方によっては、熟練のセラピストでも体が痛む。

直接触れる指先や腕。
首や肩のコリや痛み。
そして、腰や膝。

本当にいろいろな痛みが出るようです。

セラピスト自身も痛みを抱えず手放していく。
そのために、エネルギーヒーリングを使ってほしいものです。

ボディワークとエネルギーワークは本当に相性がいい。
私と、エネルギーヒーリングを取り入れた方からの実感です。

シンプルで最大の変化を呼び込むゾーンヒーリング

あなたのセラピストとしての枠を外すゾーンヒーリング・「愛」に近づく