クォンタムタッチ

施術力は自由さと楽しさと実践がものを言う。

更新日:

塚田 隆弘です。

時々、私自身に大きな刺激を与える連絡が時々来ます。

病床からのリクエスト

先日、病床にいる方からヒーリングワークを学びたいと連絡がありました。

ベッドで動けずにいる方がエネルギーを上げるには。

どう伝えれば、学思いに応えられるか。

いろいろ考えました。

呼吸器のリズムを利用して、イメージをどう組み合わせてエネルギーを上げるのか。

本当に自由に発想していくことは、本当に中身の濃い時間。

 

大まかに整理して、先週前半の5パートを送りました。

メールをいただき、わかりやすいと喜んでくださっているとのこと。

ベッドの上で練習してくださっている様子を思い浮かべると、嬉しくなります。

img_20161014_165428

より自由にヒーリング実践してみる

先日のヒーリング講習の時。

あるボディワーカーの方が、学んだヒーリングワークを自由に使いこなせない。

そう言って、眉間にしわを寄せていました。

とても真面目に長年取り組んでいる方です。

 

学んだヒーリングにとらわれすぎて、これはやってはいけないんのではと悩んでいました。

自由な発想を加えることにも抵抗があるようです。

いろいろ試してみるといいですよ。

そんなことを伝えました。

 

私の扱っているクォンタムタッチなどのエネルギースキルは、本当に自由に使えます。

自分の思考をゆったり柔らかく、心地よく実践すると必ず自分に響く結果が出てきます。

 

基本は自然体で楽しむこと

目に見えないヒーリングエネルギーですが、実践すると実感していきます。

体も思考も心地よく力の抜けた自然体で、心地よく。

効果を高めるには、そんなシンプルなことを大切にすることです。

 

私は、エネルギーを上げる時、小笠原の自然と地元調布の夕焼け、愛犬ハナのくるくる寝姿をイメジしたりします。

楽しく自然体で。

 

 

 

「体が痛むボディワーカーの方々へ。
 クライアントが自ら筋肉を緩め始める施術があります。」

 

-クォンタムタッチ
-, , ,

Copyright© 大切な人を支えるチカラ:ミニワンカヒーリング , 2017 All Rights Reserved.